フォンテックの連携融資取扱額を突破

韓国シティ銀行が消費者金融から手を離すことにした中で、今後シティ銀行の出口戦略の金融圏の関心が集中している。消費者金融部門の売却に重みが載る中、いつ、どのように売却するかの部分と一緒に企業金融など、残りの部分をどのように効率的に運営するかへの関心も集められる。

21日、金融界によると、韓国シティ銀行本社である米国シティグループは15日、第1四半期の業績発表で、「韓国を含む13カ国の消費者金融事業で出口戦略を推進する」と明らかにした。2004年、シティグループが韓国と米国の銀行を買収して韓国シティ銀行として事業を開始してから17年ぶりのことである。しかし、まだ具体的なスケジュールと方法は発表されていない。

これにより、業界では、シティバンクの消費者金融部門関連通売却、分離売却、段階的撤退などのシナリオが提起されている。

韓国シティ銀行の全資産のうち、消費者金融が占める割合は相当である。昨年末基準韓国シティ銀行の総女神は24兆3000億ウォンだが、二重小売金融は半分を超える16兆9000億ウォンを占めた。3500人の従業員のうち、小売金融担当職員は939人だ。

まず、最も議論されている方法は、資産管理(WM)、バンキング、クレジットカードなどの消費者金融事業部門を分割して売却する「分離売却」です。今回シティグループが韓国と一緒に個人消費者対象の小売金融事業を撤退すると決定したオーストラリアでは、分離売却が推進されることが分かった

過去2014年に日本の三井住友銀行が、폰테크 シティバンクの個人金融部門を買収した事例もある。

シティグループが撤退決定を下した後、現在、韓国シティ銀行労組は、雇用安定などの理由で激しく反発している状況である。先に労組は16日、入場門を出して「新しいものではなく、10年目行われているグローバル構造調整の終着駅」とし「消費者金融の売却または撤退などの出口戦略が推進される場合、大規模な失業事態が発生し、顧客への被害が懸念される」と明らかにした。

労働組合との摩擦を減らすために雇用継承が伴う通売角を選択する可能性があるという観測だ。ただし、業界はこのような通売角シナリオの可能性は小さいと予想した。

もし買収意向を表する会社がない場合、韓国シティ銀行の消費者金融は、段階的縮小手続きを踏むことになる。

韓国シティ銀行は27日の理事会を開催する予定である。この日の理事会では、今後の出口戦略などについて議論が行われると予想される。

した金融圏の関係者は、「まだ具体的な撤退計画などが出ていない労組と消費者などの懸念が高い。混乱はしばらくつながらないか」としながらも、「明らかにシティバンクが持っている利点もある。魅力的な物件であるだけに通売却まではなくても分離売却程度推進されていないかと思う」と伝えた。

貯蓄銀行の関係者は、「自社の家計信用貸付ご利用のお客様のうち、約40%ほどがピンテックと革新的な金融サービスチャンネルを介して進入した顧客」とし「昨年8月にサービス発売以来、安定した増加を記録している」と説明した。

JT貯蓄銀行が革新的な金融サービス企業提携を通じて提供されているローン商品の平均金利は今月基準年14.2%水準だ。家計信用貸出を扱っている36貯蓄銀行の平均金利が年16.45%(中央会公示基準)という点を勘案すれば、2.25%p低い水準だ。

また、利用顧客のうち、信用点数700点台以下、中・低信用者が約85%(4月基準)と集計され、該当金融サービスを通じた顧客の利子負担軽減にも貢献していることが把握されている。

JT貯蓄銀行のモバイル金融サービスと関連詳細については、JT貯蓄銀行営業店とホームページ、顧客センター電話相談などを通じてお問い合わせください。

チェソンウクJT貯蓄銀行代表取締役は、「顧客利便性の増進と急変する金融市場の動きに積極的に対応するために、提携拡大とモバイルサービスの質的改善に注力している」とし「今後もJT貯蓄銀行だけの信用貸付商品運用ノウハウをベースに、顧客の経済的負担軽減のために最善を尽くした」と述べた。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다