スポーツトトの本当の実力は分析ではなく組み合わせだと言われています。

1月30日 15:00 ソウル SK VS 釜山 KTです。

ソウルSK前回のKCC戦で82-80で勝利しました。 ニック·ミネラスが30得点をあげ、完璧に復活に成功しました。 アン·ヨンジュンも負傷復帰以後、自分の役目を全うしてくれています」 もちろん、金ソンヒョンとチェ·ジュンヨンが依然として負傷者リストに上がっているが、アン·ヨンジュンの復帰によってフォワードラインで確実に戦力上昇要因がある。 長身のフォワードを活用し、持ち味の速い攻撃展開が行われているだけに、今回の試合でも優位を占める可能性は十分だ。

[遠征チーム] 釜山KT、前回のモービス戦で 88-92で敗北を喫しました。 継続して試合後半に集中力が乱れていく姿です。 ブランドン·ブラウンとクリフ·アレクサンダーで構成された外国人選手ラインナップが、相手の外国人選手とマッチアップで確実に優位を占めることができずにいる。 もちろん、許フン、ヤン·ホンソク、金ヨンファンが安定した攻撃力を披露しているのは事実です。 しかし、得点よりさらに多くの失点を許す試合が繰り返されている。 守備よりは攻撃に重点を置く姿を見せているだけに、今回の試合でも多くのターンオーバーを許して崩れるものと予想される。

SKは依然として核心資源の負傷空白が深刻な水準だが、ミネラスが回復し、最近、悪くない競技力を見せている。 反面、KTは積極的に攻撃を試みているが、失点抑制能力があまりにも低い。

一般 : ソウルSK勝ちです

アンオーバー:167.5点を基準にオーバーです。

1月30日15:00 KBL安養KGC vs原州DBです。

[ホームチーム] 安養KGC、前回のサムスン戦で96-66で勝利しました。 金チョルウクが久しぶりに安定的な競技力を見せてゴール下掌握に成功したのが勝利の主な原因でした。 しかしDBはリーグで最も脅威的なゴール下資源を保有しているチームです。 金チョルウクがまた不振に陥る可能性が高いということです。 さらに、チームの中核であるオ·セグンも絶えず起伏が激しい姿を見せている。 最近の上昇基調が続いていない可能性が高い。

[遠征チーム]原州DB、前回のKCC戦で84-82で勝利しました。 特に、最近不振な競技力を見せたドゥ·ギョンミンが19得点をあげ、復活の信号弾を打ち、ジャスティン·ノックスとヤンテ·メイトンが活躍し続けている。 しかも今回の試合では直前の試合で腰痛のため出場できなかったユン·ホヨンが出る可能性もある。 もちろん、出場時間を調節しなければならない変数もあるが、ユン·ホヨンは出場さえすれば、確実なゴール下掌握能力を期待できる資源で、今回の試合でも優位を占める可能性は十分だ。

負傷者たちが復帰し続け、DBの戦力が強くなっています。 しかも、メイトンがリーグ適応を終えたらノックスまで一緒に競技力が上昇しているようだ。

一般:原州DB勝ちです。

アンオーバー:159.5点を基準にアンダーです。

1月30日17:00 KBL全州KCC vs高陽オリオンズです。

[ホームチーム] 全州KCC、前回のDB戦で82-84で敗北しました。 クラッチ状況で強みを発揮できず、最近2連敗に陷った。 特に、直前の競技では李ジョンヒョンとユ·ヒョンジュンがターンオーバー11回を献納したほどです。 守備で大きな影響力を誇示した金ジワンが今回の試合でも欠場が有力だ。 この大成を防げる確かな守備資源がない状況です。 オリオンもやはり確実なゴール下資源を保有しているだけに、ラゴンアとタイラー·デービスを活用したゴール下掌握能力も以前より弱くなるものと予想される。

[遠征チーム] 高陽オリオンズ、前回の電子ランド戦で 82-74で勝利しました。 李スンヒョンが3点シュート4個を含む24得点をあげ、優秀な競技力を見せつけた。 また、ディドリック·ローソンとジェフ·ウィーディーで構成された外国人デュオが確実にゴール下を掌握する姿です。 高さの戦いで全く押されない可能性が高い。 李大成の得点力が持続している中で、最近、イム·ジョンイルとハン·ホビンの得点力も高いです。 KCCが直前の試合で多くのターンオーバーを許しただけに、今回の試合で優位を占める可能性は十分ある。

イングランド·プロサッカー·プレミアリーグ(EPL)マンチェスター·シティ(以下、マンシティ)が’最下位’シェフィールド·ユナイテッドを破り、快調の8連勝行進で先頭を走り続けました。
マンシティは31日(韓国時間)、英マンチェスターのエティハドスタジアムで行われたシェフィールドと20~21プレミアリーグ21ラウンドホーム試合で、ガブリエウ·ジェジュスの決勝ゴールで1-0で勝利した。
これでマンシティはレギュラリーグでの8連勝に加え、最近12試合無敗(10勝2分け)で勝ち点41を記録、この日アーセナル(勝ち点31、9位)と無得点で引き分けた2位のマンチェスター·ユナイテッド(以下、マンU、勝ち点41)の追撃をかわし、1位の座を守った。
マンシティは前半9分ぶりに済州スの得点砲が爆発し、このゴールは決勝ゴールになりました。
ジェジュスは、ペラント·トーレスがペナルティー·エリアの右側で個人技で2人の守備を交わして出したパスをゴール·エリアの右側でつかみ、落ち着いて右足シュートでゴールを味わった。
今シーズン、負傷と新種コロナウイルス感染症(コロナ19)の確定で不振だった済州スの正規リーグ3号ゴールでした。
マンシティは「最下位」シェフィールドを相手にボール占有率75%-25%で一方的な攻勢をしかけたが、有効シュートは5本にとどまる惜しい決定力で1-0の勝利に満足しなければならなかった。

「強力だったKCCが最近揺れている。 デービスの得点が以前より減り、金ジワンの欠場の空白も大きいです。 反面、オリオンは国内選手の安定的な得点力と外国人選手の確実なゴール下掌握能力まで安定的なバランスを維持している。

ハンディ:高陽オリオンズ +3.5ハンディ勝
アンオーバー:155.5点を基準にアンダーです。

1月30日 18:00 WKBL ハナワンキューvs BNKサム

[ホームチーム] ハナワンキュー、 サムスン生命戦で91-88で勝利しました。 カン·イスルがまた28得点に成功し、攻撃の中心的役割を完璧に果たした。 それに、最近、申知賢と梁仁栄の攻撃力も蘇り、カン·イスルの得点依存度が低くなった点も非常に肯定的な部分です」 「コアラは相変わらず負傷から回復していないが、ヤン·インヨンとカン·ユリムのインサイド攻略がかなり効果的です。 今回の試合でも優位を占める可能性が十分です。
[遠征チーム] BNKサムは前回のKBスターズ戦で、 62-73で敗北しました。 バックコート陣が守備力も良くないのに、攻撃力も落ちる姿を見せているので、簡単にリードを取ることができない。 それに、鎮安を除けば、インサイドで力を加えられる選手も皆無です。 アン·ヘジとノ·ヒョンジ特有の速い試合運営ができず、玉がチンアンの後ろを全く支えていないのです。 今回の試合でも劣勢に追い込まれることが有力です。

ハナワンキューは最近、カンイスルへの依存度を下げ、レベルの高い攻撃力を披露している。 反面、스포츠중계 BNKは絶えず守備で弱点を露呈し、なかなか反転を図れずにいる。

一般: ハナウォンQの勝ちです。
アンオーバー:140.5点を基準にオーバーです。

低分析委員オペラは、毎日リアルタイムでラインナップとスポーツ情報を入手し、様々なプレビューを精読することで収益を上げています。 スポーツトトの本当の実力は分析ではなく組み合わせだと言われています。

より多くの試合結果とピックをもらいたい方は メッセージ、コメント、友達追加、 推薦してくださるとありがたいです。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다